自家焙煎Cafe' ちゃんと

ちゃんとの無農薬珈琲

ちゃんとの珈琲はマンデリン デカフェ(ノンカフェイン)以外は、すべて無農薬珈琲を使っています。
皆様に少しでも安全な飲み物をと思っております。
また、ちゃんとでは珈琲豆の味についても細心の注意を払っており、ハンドピックした豆で的確な焙煎をしています。
いくら正しい焙煎をしてもハンドピック(虫食い豆や死豆を取り除く)無しには焙煎後の豆の味に影響を与えてしまいます。
的確な焙煎とハンドピックを大切に考えております。

ハンドピックとは?

ハンドピックとは美味しい珈琲を作る上で不都合な異物や欠点豆を手で取り除くことです。
欠点豆の含有率は意外と高く、優良な豆であれば数パーセントですむこともありますが、通常では15パーセント前後の欠点豆があります。

虫食い豆

ブロッカーという蛾の幼虫が入り込んだもの。幼虫は果実を食べて成長し、豆の表面に黒々とした虫食い状のシミを残す。珈琲液の濁りの原因になり異臭を出す場合もある。



死 豆

正常に結実しなかった豆。風味そのものは希薄で、微粉や豆の薄皮と同様に異臭の元となる。



黒 豆

早く成熟し地表に落ちてしまった豆が、長期にわたって土と接触していると、やがて発酵して黒ずんでくる。見逃すと珈琲液全体に腐敗臭および濁りの原因となることもある。



貝殻豆

異常交配により中心から豆が割れてしまったものを指す。
割れた豆の内側がえぐれて貝殻のように見えるのでこう呼ばれる。煎りムラの原因にもなり、深煎りすると着火の危険性さえ出てくる。